カクタスソフトウェア
カクタスソフトウェア
サウンド MIDI マルチメディア アプリケーション

開発環境

始めに、サンプルプログラムを動作させるための開発環境について解説します。

この技術文書は、Windows上で動作するアプリケーション開発を目的としているため、MACおよびLinux上での開発は扱っていません。ただしファイルフォーマットの解説など、OSの種類に関係しない部分については参考になるでしょう。

言語

この技術文書で扱う言語は、C++とC#です。C++は、非常に広く用いられている言語で、ここで改めて解説する必要性はないでしょう。一方C#は、マイクロソフトが.NET環境でソフトウェア開発を行うために設計した言語で、記述性に優れた開発効率の良い言語です。

C++は、Win32APIおよびMFCなど、アンマネージ環境で用いるNative C++と、.NET環境で用いるマネージ環境対応のC++/CLIがあります。C#は、マネージ環境でのみ利用可能です。

APIセットとフレームワーク

APIセットは、プログラムを作成するために利用するコマンドの集合です。フレームワークは、アプリケーション作成のために基本的な枠組みを提供する仕組みです。開発を行うには、どのAPIセットやフレームワークを用いるのかを決めなければなりません。C++/C#を用いる場合、以下に示す開発環境が可能です。

本技術文書は、フレームワークの解説が目的ではないため、紙面の都合もあって、「C++ MFC」と「C# .NET」の2つを選択しました。その他の環境については、適宜コードを読み替えていただければ幸いです。

MFC

MFC(Microsoft Foundation Class)は、Windowsアプリケーションを製作するためにマイクロソフトが提供したフレームワークです。アンマネージ環境の代表的な環境です。伝統的なC++を用いて、Win32APIを呼び出します。

C# .NET

.NET(Microsoft .NET Framework)は、MFCに代わる新しいフレームワークで、Windowsアプリケーションの他、Webアプリケーションなども開発することができます。C#という新しい言語を用いて、効率良く開発を行うことができます。

マネージ環境とアンマネージ環境

マネージ環境とは、CLRによって管理された環境という意味です。CLR(Common Language Runtime)共通言語ランタイムとは、CLI(Common Language Infrastructure)共通言語基盤の仕様に基づいて、マイクロソフトが実装したプログラム実行エンジンです。

CLRは、ガベージコレクションやセキュリティ機能など、基本的機能を提供します。そして.NETは、CLR上で動作するプログラム実行環境です。

一方、アンマネージ環境とは、文字通りマネージ環境では無いの意味で、CLRの管理下で動作しない環境を意味します。Win32APIおよびMFCは、アンマネージ環境で、.NETはマネージ環境ということになります。

アンマネージ環境では、伝統的なNative C++言語を用いてアプリケーションを作成します。しかしマネージ環境では、メモリの管理方法が根本から変更されているため、Native C++を利用することができません。マネージ環境では、マネージ環境用に設計されたC++/CLIか、あるいはC#を用います。

本文書では扱いませんが、マネージ環境で、VB.NETを用いることもできます。

開発プログラム

開発プログラムは、Visual C++からVisual Studiuoと多くのバージョンが発表されています。ここでは、最新のVisual Studiuo 2010を取り上げます。古いバージョンも、読み替えることで利用できると思います。

Visual Studiuoでは、言語・フレームワークの選択を始め、開発目的に合せ、様々なテンプレートが用意されています。執筆現在、Visual Studiuoのバージョンが、2008から2010へ移行しようとするタイミングです。解説に利用するVisual Studiuo 2010は、有償の正規版ですが、Visual Studio Express(無償版)を利用することも可能です。(ただし、一部利用できないサンプルプログラムもあります。)

ドキュメントの先頭へ

カクタスソフトウェア 技術協力 資料室 資料室の広場 SourceForge.jp お問い合わせ