カクタスソフトウェア
カクタスソフトウェア
サウンド MIDI マルチメディア アプリケーション

IMediaFilter

フィルターのクロックの設定を行います。

作成

    IMediaFilter        *m_pMF;

    result = m_pGB->QueryInterface(IID_IMediaFilter, (void **)&m_pMF);
    if (FAILED(result))     throw result;

リリース

    SAFE_RELEASE(m_pMF);

オーディオを扱うフィルターは通常演奏するスピードで動作します。例えばmp3ファイルを読み出しウェーブファイルに変換するグラフの場合、基準クロックが動作していると変換に演奏時間と同じ時間がかかります。

フォーマット変換のように時刻管理が必要無いフィルターでは基準クロックを停止させます。IMediaFilter::SetSyncSource()関数にNULLを指定すると、フィルターは可能な限り高速で動作します。

    result = m_pMF->SetSyncSource(NULL);
    if (FAILED(result))     throw result;
IMediaFilterにはフィルターの実行・停止関連のコマンドがありますが、これら用途にはIMediaControlを使って下さい。より高いレベルの制御が可能です。

ドキュメントの先頭へ

カクタスソフトウェア 技術協力 資料室 資料室の広場 SourceForge.jp お問い合わせ