カクタスソフトウェア
カクタスソフトウェア
サウンド MIDI マルチメディア アプリケーション

C++を用いたプロジェクト

ここでは以下の開発プログラムを用いてC++のプロジェクトを作成する手順を紹介します。

Visual Studiuo 2008

新しいプロジェクト

メニューから、ファイル(F) -> 新規作成(N) -> プロジェクト(P) を選び「新しいプロジェクトダイアログ」を開きます。言語の選択で「Visual C++」のタブを開きます。右側のペインにC++で作成可能なプロジェクトのテンプレート一覧が表示されます。

新規プロジェクト作成に必要な設定項目は、.NET環境・プロジェクト名(N)・場所(L)・ソリューション名(M)の4箇所です。

プロジェクト名(N)はアプリケーションの名前と考えて良いでしょう。ここで設定した名前がデフォルトのアプリケーション名となります。ソリューションとはプロジェクトの入れ物です。必要があれば複数のプロジェクトをソリューションに含めることができます。「ソリューションのディレクトリを作成(D)」をチェックすると、ソリューション名(M)のディレクトリが作成され、その下に関連するすべてのファイルが作成されます。チェックをはずすと、場所(L)で指定されたディレクトリの下に関連するファイルが作成されます。

.NET環境を用いたプロジェクトを作成するときVisual Studiuo 2008では以下のバージョンが選択できます。右側に設定したバージョンで利用可能なテンプレートが表示されます。

この技術文書で紹介するサンプルプログラムはどのバージョンでも動作します。

テンプレートの選択

Visual C++の下に開発環境を示す選択肢が表示されます。選択肢には以下のものがあり、目的のプロジェクトに応じて最適なものを選びます。

Win32

Win32APIのみを用いるプロジェクトを作成します。このプロジェクトには以下の種類があります。

Win32コンソールアプリケーションは、コマンドラインから起動するタイプのアプリケーションです。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を必要としないコマンドタイプのアプリケーションに向いています。Win32プロジェクトは、シンプルなウィンドウを持つアプリケーションです。簡単な仕様のウィンドウを持つアプリケーションに向いています。すべての操作をWin32APIのみで実現するため、複雑な画面表示やユーザーインターフェースを持つアプリケーションには向きません。

MFC

MFC(Microsoft Foundation Class)を用いたプロジェクトです。代表的なアンマネージ環境で、.NETが登場するまで一般的に用いられました。この選択肢では、以下の3種類のプロジェクトを作成できます。

MFCアプリケーションは、一般的なウィンドウを持つアプリケーションを作成します。MFC DLLは、ウィンドウを持たないクラスや関数の集まりから成るバイナリーファイルを作成します。MFC ActiveX コントロールは、COMを用いたプログラム部品を作成します。

ATL

ATL(Active Template Library)は、テンプレートを用いて小型で高速のCOMコンポーネントを作成するための環境です。

CLR

CLR(Common Language Runtime)とはガベージコレクションやセキュリティ機能など、基本的機能を提供するプログラム実行エンジンのことです。そしてマネージ環境とは、CLRによって管理された環境を意味します。.NETはCLR上で動作する一つのプログラム実行環境です。

この選択肢では、C++言語を用い、CLR環境で動作するアプリケーションを作成します。マネージ環境下で動作するため、Win32やMFCで用いられるC++と言語仕様が一部異なります。

以下にCLR環境で選択できるプロジェクトを示します。

クラスライブラリは、文字通りクラスの集まりからなるバイナリーファイルです。MFCで言うDLLプロジェクトに相当します。CLRコンソールアプリケーションは、コマンドラインから起動するアプリケーションです。空のCLRプロジェクトは、ファイルを一つも含まないCLRプロジェクトを作成します。ユーザーは必要に応じてファイルを追加します。

Windowsフォームアプリケーションは、ウィンドウを持つ一般的なアプリケーションを作成するためのプロジェクトです。ツールボックスに用意された多くのパーツを用いてGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を簡単に作成することができます。

Windowsフォームコントロールライブラリは、Windowsフォームアプリケーションで用いるGUIパーツを作成するためのプロジェクトです。ここで作成したパーツをアプリケーション本体で利用することができます。

Windowsサービスは、ユーザーインターフェースを支援しない長期間実行できる実行可能ファイルです。システムの監視やサーバー機能を実現するために用います。Windowsサービスは、一人のユーザーもログインしていない状態でも実行することができます。

Visual Studiuo 2010

新しいプロジェクト

メニューから、ファイル(F) -> 新規作成(N) -> プロジェクト(P) を選び「新しいプロジェクトダイアログ」を開きます。言語の選択で「Visual C++」のタブを開きます。右側のペインにC++で作成可能なプロジェクトのテンプレート一覧が表示されます。

新規プロジェクト作成に必要な設定項目は、.NET環境・名前(N)・場所(L)・ソリューション名(M)の4箇所です。

名前(N)にアプリケーション名を入力します。ソリューションはプロジェクトを管理する枠組みです。一つあるいは複数のプロジェクトをソリューションに含めることができます。「ソリューションのディレクトリを作成(D)」をチェックすると、ソリューション名(M)のディレクトリが作成され、その下に関連するすべてのファイルが作成されます。チェックをはずすと、場所(L)で指定されたディレクトリの下に関連するファイルが作成されます。

ソース管理は複数のメンバーでチーム開発を行うとき使うツールです。この技術文書で紹介するサンプルプログラムでは必要ないので「ソース管理に追加(U)」はチェックしません。

.NET環境を用いたプロジェクトを作成する場合、Visual Studiuo 2010では以下のバージョンを選択することができます。中央のペインに設定したバージョンで利用可能なテンプレートが表示されます。

この技術文書で紹介するサンプルプログラムはどのバージョンでも動作します。

.NET Frameworkのバージョンの違いについてはインターネット上に詳しい解説がありますのでそちらを参照して下さい。検索キー「.NET Framework バージョン」

テンプレートの選択

Visual C++の下に開発環境を示す選択肢が表示されます。選択肢には以下のものがあり、目的のプロジェクトに応じて最適なものを選びます。「全般」と「テスト」は、この技術文書で紹介するサンプルプログラムでは利用しません。

Win32

Win32APIのみを用いるプロジェクトを作成します。このプロジェクトには以下の種類があります。

Win32コンソールアプリケーションは、コマンドラインから起動するタイプのアプリケーションです。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を必要としないコマンドタイプのアプリケーションに向いています。Win32プロジェクトは、シンプルなウィンドウを持つアプリケーションです。簡単な仕様のウィンドウを持つアプリケーションに向いています。すべての操作をWin32APIのみで実現するため、複雑な画面表示やユーザーインターフェースを持つアプリケーションには向きません。

MFC

MFC(Microsoft Foundation Class)を用いたプロジェクトです。代表的なアンマネージ環境で、.NETが登場するまで一般的に用いられました。この選択肢では、以下の3種類のプロジェクトを作成できます。

MFCアプリケーションは、一般的なウィンドウを持つアプリケーションを作成します。MFC DLLは、ウィンドウを持たないクラスや関数の集まりから成るバイナリーファイルを作成します。MFC ActiveX コントロールは、COMを用いたプログラム部品を作成します。

ATL

ATL(Active Template Library)は、テンプレートを用いて小型で高速のCOMコンポーネントを作成するための環境です。

CLR

CLR(Common Language Runtime)とはガベージコレクションやセキュリティ機能など、基本的機能を提供するプログラム実行エンジンのことです。そしてマネージ環境とは、CLRによって管理された環境を意味します。.NETはCLR上で動作する一つのプログラム実行環境です。

この選択肢では、C++言語を用い、CLR環境で動作するアプリケーションを作成します。マネージ環境下で動作するため、Win32やMFCで用いられるC++と言語仕様が一部異なります。

以下にCLR環境で選択できるプロジェクトを示します。

クラスライブラリは、文字通りクラスの集まりからなるバイナリーファイルです。MFCで言うDLLプロジェクトに相当します。CLRコンソールアプリケーションは、コマンドラインから起動するアプリケーションです。空のCLRプロジェクトは、ファイルを一つも含まないCLRプロジェクトを作成します。ユーザーは必要に応じてファイルを追加します。

Windowsフォームアプリケーションは、ウィンドウを持つ一般的なアプリケーションを作成するためのプロジェクトです。ツールボックスに用意された多くのパーツを用いてGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を簡単に作成することができます。

Windowsフォームコントロールライブラリは、Windowsフォームアプリケーションで用いるGUIパーツを作成するためのプロジェクトです。ここで作成したパーツをアプリケーション本体で利用することができます。

Visual C++ Ver6.0

Visual C++ Ver6.0は、古いツールなので現在では保守用以外にはあまり用いられません。ここでは参考として資料を示します。

Visual C++ Ver6.0は、WindowsXPより古いバージョンのWindowsで動作します。公式には、WindowsVista・Windows7では動作保障がありません。

筆者の環境(Windows7 32Bit)では警告を無視してインストールしました。幸い正常に動作しているように見えます。しかしこれは緊急避難的措置で公式に推奨されるものではありません。

新規作成

新規プロジェクト作成に必要な項目は、プロジェクト名(N)・位置(C)・ワークスペースの選択・プラットフォーム(P)の4箇所です。

プロジェクト名(N)はアプリケーションの名前です。位置(C)は、プロジェクトが作成される場所を示します。ワークスペースはプロジェクトの入れ物で、最初のプロジェクトを作成するときに作成されます。「ワークスペース」タブの下にある「ブランクワークスペース」を選択すると空のワークスペースを作成することもできます。ワークスペースには新たなプロジェクトを追加することができます。新規プロジェクトを作成するときは、必ず「新規にワークスペースを作成(R)」がチェックされます。既存のワークスペースを開き、新規プロジェクトの作成を実行すると「現在のワークスペースへ追加(A)」が選択できるようになります。依存関係のチェックボックスは、作成するプロジェクトが別のプロジェクトに依存するとき設定します。プラットフォーム(P)は、Win32を選択します。

テンプレートの選択

プロジェクトタブの下にテンプレートを示す選択肢が表示されます。目的のプロジェクトに応じて最適なものを選びます。

Visual C++ Ver6.0では、マネージ環境の選択肢はありません。

Win32

Win32APIのみを用いるプロジェクトを作成します。このプロジェクトには以下の種類があります。

Win32コンソールアプリケーションは、コマンドラインから起動するタイプのアプリケーションです。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を必要としないコマンドタイプのアプリケーションに向いています。Win32アプリケーションは、シンプルなウィンドウを持つアプリケーションです。簡単な仕様のウィンドウを持つアプリケーションに向いています。すべての操作をWin32APIのみで実現するため、複雑な画面表示やユーザーインターフェースを持つアプリケーションには向きません。

Win32 DLLは、ウィンドウを持たないクラスや関数の集まりから成るバイナリーファイルを作成します。Win32スタティックライブラリは、DLL同様クラスや関数の集まりから成るバイナリーファイルですが、DLLがプログラムの実行時に読み込まれるのに対し、スタティックライブラリは、プログラムをコンパイルするときにアプリケーションに組み込まれます。拡張子は「lib」です。

MFC

MFC(Microsoft Foundation Class)環境を用いたプロジェクトです。Visual Studiuoが登場するまでは、MFC環境でアプリケーションを作成することが一般的でした。

MFCアプリケーションは、一般的なウィンドウを持つアプリケーションを作成します。MFC DLLは、ウィンドウを持たないクラスや関数の集まりから成るバイナリーファイルを作成します。MFC ActiveX コントロールは、COMを用いたプログラム部品を作成します。

ATL

ATL(Active Template Library)は、テンプレートを用いて小型で高速のCOMコンポーネントを作成するための環境です。

ドキュメントの先頭へ

カクタスソフトウェア 技術協力 資料室 資料室の広場 SourceForge.jp お問い合わせ